「好奇心旺盛な旅行者」に関する最新の洞察により 文化や発見を求める熱い思いが明らかに

2016年03月14日



好奇心旺盛な旅行者、つまり何よりも探求や発見を好む裕福な人々にとって、旅は不可欠なものです。こういった人々は、文化や料理、その土地の人とのふれあいを旅に求めます。流行に背を向け、有名なものより「次に何があるのか」を探します。そして、いざ思い出を作り語り草を増やすというときになると、より多くの時間をかけるのです。以下は、このような旅行者を理解してよりよいサービスを提供するために、比類なきラグジュアリーホテルコレクションを誇るザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールドが世界規模で実施した調査の主な結果です。

ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド社長兼最高経営責任者、セオドール・テンは次のように述べています。「ここ数年、リーディングホテルズが好奇心旺盛な旅行者と呼ぶ、裕福な旅行者が増加しています。この非常に特定的な顧客層のものの見方や動機を理解することが、この報告書の目的です。私どもの行った調査により、こういった方の豊かな横顔が鮮やかに浮かび上がってきます。多様な文化の探求に魅力を感じ、思いがけないものを求め、発見に生きがいを覚える人たちです。リーディングホテルズは、洗練された芸術や文化、歴史、料理がすべて味わえる場所をご用意して、このような目の肥えた旅行客の発見の旅に理想的な滞在地をつねに提供しています。」

ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールドによる「好奇心旺盛な旅行者」に関する洞察:

好奇心旺盛な旅行者に旅は不可欠
好奇心旺盛な旅行者は、年間ほぼ8回ほどレジャー旅行に出かけています。またアメリカ人旅行客は、今回の調査において他国の旅行客と比べて休暇が最も少ない一方で、海外旅行に出かけるときには初めての土地を訪れる、という傾向が最もよく見られます。
• 79%の好奇心旺盛な旅行者が、人生に旅行は欠かせない、と感じています。
• 30%の好奇心旺盛な旅行者が、2016年に旅行回数を増やす予定があるのに対して、旅行回数を減らそうと考えているのは12%です。
• 78%が、旅行先で一般に露出がないような知られざる魅力を掘り起こすことに興味をもっています。
• 54%が、他では味わえない特別な旅行体験を探し求めています。
• 「人気が高いあるいは流行の」場所を求めているのは、わずか32%です。
• 好奇心旺盛な旅行者は、ホテルの宿泊にかける一泊分の費用を今年は2015年より7%上げようと考えています(2015年が一泊390ドルだったのに対して2016年には一泊419ドル)

好奇心旺盛な旅行者は自信に満ちた態度が特徴的
好奇心旺盛な旅行者には、はっきりした自意識があります。彼らは、他人の意見よりとは言わないまでも、同じくらい自分の判断を頼りにしています。
• 46%の好奇心旺盛な海外旅行者が、自分を仲間うちの流行仕掛け人だと考えています。
• 60%が、自分をレジャー旅行の意思決定において一番の重要人物だと考えています。
• 81%が、自分の求めている体験をネットで調べて自分自身で探すのを好みます。

好奇心旺盛な旅行者は文化に浸ることに生きがいを感じる‐とくに好奇心の強いアメリカ人
好奇心旺盛な旅行者は、浸りきることを求めています‐回答者のうち68%が、旅先にどっぷりと浸ってその土地の文化を知るのが大切だと考えています。好奇心旺盛な旅行者は、文化を歴史や建築、食べもの、人々の観点で捉えています。好奇心旺盛な旅行者が、旅行時に最もしたいと考えている文化体験は次のとおりです:
• 歴史的あるいは建築上の名所を訪れる:91%
• その土地ならではの料理を味わう:89%
• その土地の人と知り合いになる:78%

回答者の過半数(60%)が、その土地の暮らしを体験したいと答えています。異文化に対するこのような好奇心は、とくにアメリカ人が表明しています。「異文化に興味がある」という記述に同意する人が他国の旅行者より多数見られました。
    • 米国: 81%
    • ドイツ: 76%
    • 日本: 69%

好奇心旺盛な旅行者は「冒険好き」
• 81%が、旅行時には思い出作りがもっとも大切だと述べています。
• 初めての土地を旅行する際には、海外を選んでいます。過去1年間に海外旅行に出かけた旅行者は:
    • 米国: 93%
    • ドイツ: 58%
    • 日本: 52%

好奇心旺盛な旅行者の73%が、「休暇中はありふれた日常からかけ離れたことをするのが不可欠」だと考えています。

好奇心旺盛な旅行者はどこに行きたいかを知っている
好奇心旺盛な旅行者は、自分は何が好きなのかをわかっており、それが見つかれば再訪します。確かに質を重視して求めはしますが、知名度だけでは安心しません。海外旅行に関して言えば、大多数がヨーロッパと北米を行きたい場所に選んでいます。

ホテルの好み
• 44%が、ある土地を再訪する場合、お気に入りのホテルに滞在します。
• 71%が、5つ星に選ばれている点に安心感を覚えています。
• 78%が、よく知られた名前であることは、あまり重要でないかまったく重要でないと回答しています。

行き先の好み:ヨーロッパが依然として旅行者の最も行きたい場所に選ばれています(70%)。

好奇心旺盛な旅行者はビジネスと娯楽を組み合わせる
好奇心旺盛な旅行者の多くは、仕事とレジャーの境目を上手に舵取りしています。可能であれば、出張にレジャー的要素を最大限取り入れようとしています。
• 好奇心旺盛な海外旅行者は、平均すると、過去1年間にレジャー旅行(8.4回)より出張(8.9回)に多く出かけています。
• 54%が、少なくとも1回は出張のあいまに時間を作り、ゴルフを楽しんだりスパでくつろいだりするなど、普通はレジャー旅行でするような活動を楽しんでいます。
• 42%の好奇心旺盛な旅行者が、過去1年間に出かけた出張のうち少なくとも1回に、配偶者や友人、家族を同伴しています。


###


調査方法
アメリカを拠点とする、旅行、サービス、エンターテイメント産業専門の世界有数の総合市場調査会社、MMGY Global社が、2015年9月に、25歳から64歳までの1,500名を対象に「好奇心旺盛な旅行者」調査を実施しました。米国、ドイツ、日本における活動的なレジャー旅行者に関するこの国際的な調査は、年間最低4回のレジャー旅行に出かけた年間世帯収入150,000米ドル以上の人を対象としています。回答者の地理的区分は、米国700名、ドイツ400名、日本400名でした。報告書のうち出張に関しては、過去1年間に1回以上の出張に出かけた964名の旅行者が対象で、米国から396名、ドイツから338名、日本から230名でした。


ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド(LHW)
ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールドは、厳選された独立系ラグジュアリーホテルの予約マーケティングを行うホテルグループです。加盟ホテルは、その地域を代表する個性溢れるユニークなホテルコレクションとして、現在その数は世界75 ヵ国375 軒以上に及びます。魅力的なホテルが加盟するリーディングホテルズは、様々な建築スタイル、デザイン、カルチャー体験を通して、新たな発見の旅を求める好奇心旺盛な旅行者に選ばれています。

ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールドの歴史は、見識を備えたヨーロッパのホテル経営者の手によって1928 年に設立したことから始まり、歴史と伝統を誇るホテルから成るホテルグループとして80年以上に亘り真の旅行体験を提供しています。ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールドは、品質と独自性を持つ高い基準を満たすホテルのみが加盟しているため、画一的ではなく、まさに旅行者の求めに応えています。

リーダーズクラブは、非日常の旅行体験を求めて志を同じくする好奇心旺盛な旅行者で構成された有料のロイヤルティ・プログラムです。世界中のリーディングホテルズでパーソナライズされたサービスや素晴らしい旅行のための特典を備え、メンバーにより快適な滞在を提供しています。

ご予約は、公式ウェブサイト(http://jp.lhw.com/)から。
また、 Facebook (www.Facebook.com/LeadingHotels)や Instagram(@leadinghotelsoftheworld)でフォローください。
close
格別の旅へ - ご旅行先はどちらですか ?

チェックイン日を選択

ご出発日を選択

検索する
  • お部屋:

閉じる