アムステルダムの水辺のダイニング体験なら、これがおすすめです

かつて華麗なるハイネケン一族の邸宅として使われていた、ホテル デ リューロープに滞在して、首都のアムステル川のほとりで極上のひとときをお過ごしください
運河に浮かぶごちそう

165もの気が遠くなるような運河が縦横に巡るアムステルダムの象徴的な水路は、対外貿易で少しずつ流れ込む富に引かれて人口が急増し、かつて沼沢地だった街が中世の壁を越えて広がっていった1600年頃の黄金時代の遺産です。木陰が続くフォトジェニックなその一帯は、モネからカミュまで様々なアーティストにインスピレーションを与えてきました。そしてこれからも、このおおらかな大都会の象徴であり続けます。最近では、人気の美しいウォーターフロントを巡る超満員のボートツアーがよく見られますが、幾重にも重なったガラスのシャンデリアやトップハットのドアマンが19世紀を彷彿とさせる、川沿いの魅力的なホテル デ リューロープでは、はるかに洗練されたクルーズをご用意しております。夕方または午後の乗船をご予約いただけます。1928年のタグボートを完全に修復したホテル所有のダイオス号で、ホテル内のミシュラン星レストラン「ボルドー」の贅沢な料理を堪能しながら、3時間の至福のクルージングをお楽しみください。

ダイオス号の船上とホテル内レストラン「ボルドー」で提供する料理を監督する、デ リューロープのダイナミックな若きシェフ、バス・ファン・クラネン。
ザクロ、インカベリー、コリアンダーを使ったカラフルなヒメジ料理。
1928年のタグボートを完全に修復した、デ リューロープのダイオス号内でディナーをご用意。
1928年のタグボートを完全に修復したホテル所有のダイオス号で、ホテル内のミシュラン星レストラン「ボルドー」の贅沢な料理を堪能しながら、3時間の至福のクルーズをお楽しみください。
キャプテン クック

真鍮のオープンキッチンと統一感のあるキッチン用品が絶妙な気品を漂わせ、暖炉がgezellig(「心地よさ」という意味のオランダ特有の表現)を演出します。広く取った丸窓からは、魚の彫刻が並ぶ豪華な装飾の石橋、ブラウ橋や、数千個の小さなライトで縁取られた9個のアーチを持つ美しいマヘレの跳ね橋など、アムステルダムの素敵な橋をいくつかご覧いただけます。これらのクルーズは100%地球に優しいので安心してお楽しみください。アムステルダムは今、歴史ある運河をありのままの姿で残す取り組みをしており、公害のない電動ツアーボートに限り、運河での使用を許可しています。

ダイオス号の洗練されたランチとディナーには、「ボルドー」のダイナミックな若きシェフ、バス・ファン・クラネン氏が腕を振るう、フレンチの影響を受けた野菜中心の芸術的な料理の数々が並びます。28歳の天才シェフは、オランダの南東部リンブルフの丘にひっそりと佇む、ミシュラン2つ星を持つファームハウスビストロ「デ ルーフ」でキャリアをスタートしました。ここでファン・クラネン氏は料理長として活躍しました。やがて、このレストランのオーナーの後任として明らかな大役を任されました。そのオーナーとは、2014年に突然の死が暗い影を落としたオランダのアイコン的存在の美食家、故ポール・ファン・デ・ブラント氏です。

現在、「ボルドー」で、そしてダイオス号の船上で彼が生み出す世界各国の味わいを取り入れた料理の数々には、ファン・クラネン自身の旅への情熱と、スティーブ・ジョブズにインスパイアされたシンプルさと洗練へのこだわりが詰まっています。最近、彼が過ごした日本の春に着想を得たアンジュ産の鳩と桜漬け。そしてマグロ、出汁、ベルガモット、大根のカルテット。他にも、タイ産のエビとグリーンパパイヤのコンソメスープとともに提供されるノルウェー産のホタテや、ザクロ、インカベリー、コリアンダーを使ったヒメジ料理など、東西を個性的に融合した風味豊かな5品コースメニューをお楽しみください。多くの意味で、ファン・クラネンの料理は、現在のアムステルダム自体を表現しています。オープンマインドな国民性によく合った、世界各国の影響が大胆に溶け合うメルティングポット。昨年「ワイン・スペクテーター」誌で世界有数の秀逸なワインリストとして取り上げられた、レストランの850種類もの最高級ワインコレクションの1本とともに堪能する運河に浮かぶ饗宴は、永遠の思い出となります。

ホテル デ リューロープの詳細や、ダイオス号の船上ディナーのご予約については、ホテルご予約時にコンシェルジュにお問い合わせください。

close
格別の旅へ - ご旅行先はどちらですか ?

チェックイン日を選択

ご出発日を選択

検索する
  • お部屋:

閉じる