次の休暇は、ぜひリオへ

リオデジャネイロらしさを色濃く感じるエミリアーノ ホテルで、暮らすような滞在を。
往年のコパカバーナを感じて

リオデジャネイロ出身ではないけれど、現地っ子のようにこの街を楽しみたい? そんな方におすすめなのが、エミリアーノ ホテル リオ デ ジャネイロ。90室を擁するこのアーバンリゾートホテルなら、のんびりとくつろいだり、リオっ子のように陽気に遊んだりと、街に溶け込むように過ごすことができます。

1950年代のコパカバーナを彷彿とさせるこのホテルは、ブラジルの黄金時代をイメージして設計されたもの。洗練されたシティスタイルでありながら、レジャーやリラクゼーションを心置きなく満喫できる開放的な雰囲気も感じられます。ブラジルを代表するビーチ、コパカバーナという絶好のロケーションを最大限に楽しめるホテルです。

コボゴ(上の写真を参照)と呼ばれるブラジルの現代建築特有の繊細な外観デザインが、光を遮ることなく客室のプライバシーを守ります。
このホテルは2016年の開業以来、コパカバーナビーチを象徴する建築となっています。
バトラーサービスを備えた美しい屋上スペースにはインフィニティプールやウェットデッキがあり、コパカバーナビーチを一望する絶景が眼下に広がります。
1950年代のコパカバーナを彷彿とさせるこのホテルは、ブラジルの華やかな黄金時代をイメージして設計されたもの。
リオのスピリット

エミリアーノ リオ デ ジャネイロは、格式張らないカリオカ スタイルに溶け込むように設計された、快適さ、エレガンス、特別感を兼ね備えたホテル。

サンパウロを拠点とする建築家アルトゥール・ディ・マトス・カザスが手掛けたデザインは、ブラジルのモダニズムへのオマージュである、ダイナミックな透かし模様のファサードが特徴です。アコーディオン式のバルコニーパネルは、折り畳むように開くと海を一望できるようになっており、ホテル外観に変化をもたらし、多彩な表情を生む要素となっています。

ブラジルの現代建築特有の繊細な外観デザインはコボゴと呼ばれ、光や眺望を遮ることなく客室のプライバシーを守ります。こうした建築要素はすべてこのホテルのために作られたもので、ウォーターフロントにコンクリートブロックの建物が立ち並ぶなか、その連続性を断ち切り、個性を与えることも意図されているとか。また、宿泊客が自由に開け閉めすることで外観が変化するという、動きを生み出す有機的なデザインのファサードも特徴です。

ホテル内にも数々の驚きが隠されています。バスルームの鏡にウェルネス アンバサダーが残した印象的なメッセージや、大人のぬりえブックなどの遊び心を刺激するアメニティ。これは、デジタルの世界から離れ、絵を描いたり文字を書いたり、思いをめぐらせる時間を楽しむための仕掛けなのです。また、開業当初からこのホテルで働く発想豊かで思慮深い5人のバトラーチームが、ここでしか味わえない、個々のニーズや関心に応じたきめ細やかな滞在を楽しんでもらえるよう、ゲストの到着に備えます。客室には波の音やエキゾチックなオイルなどを取り入れ、リオならではの雰囲気が演出されています。

エミリアーノ ホテル リオ デ ジャネイロやこのホテルのデザインの詳細については、ホテルご予約時にコンシェルジュにお問い合わせください。

close
格別の旅へ - ご旅行先はどちらですか ?

チェックイン日を選択

ご出発日を選択

検索する
  • お部屋:

閉じる