オールザットジャズ

ホテル ランカスターの1930年代スタイルのバーでジャズ演奏の夕べ
快適なエンクレイヴ

シャンゼリゼ通りの喧噪からごくわずか、パリの堂々たるホテルのドアの向こうに音楽があります。

Bar du Lancasterは、ステンドグラスの天井の下に、豪華な類15世様式の椅子と金箔の額の油絵が飾られた賑やかな場所です。ステファン シャンデリエ トリオによるジャズのインストラメンタル演奏を待つ間、部屋の奥にある半円のバーに腰掛けてシャンパンやバック トゥ ブラックカクテルをどうぞ。このカクテルは、コンテンポラリージャズのレジェンドである故エイミー・ワインハウスを讃えて名づけられました。

ステファン・シャンデリエ・トリオがクラシックジャズのスタンダードナンバーをお届けします。
テキーラ、ライム、レモンバーベナ、ジンジャエールのカクテル「チェリタ」をミックスするバーテンダー。
Bar du Lancasterでシャンペンやカクテルをお楽しみください。ジャズのライブ演奏は隔週水曜日です。
故エイミー・ワインハウスを讃えて名付けられたバック トゥ ブラックカクテルをお試しください。ピーテッドウィスキーとイカ墨をブレンドした力強いカクテルです。
クラシック再訪

1925年、スイスのホテル経営者エミール・ウルフが1889年建築の4階建てのタウンハウスを購入し、豪華な8階建てのホテルに改造しました。彼はこのホテルをエキゾチックなアンティークで満たし、ホスピタリティあふれる接客を徹底しました。これにより、クラーク・ゲーブルやグレース・ケリーなど、当時の多くの著名人に気に入られました。マレーネ・デートリッヒは1930年代に3年以上このホテルに住んでいました。現在ホテルにはその名を冠したスイートがあります。彼女の好きだった藤色の内装を施した970平方フィートのスイートには、デートリッヒの音楽への情熱にちなんでグランドピアノが置かれ、壁には長年仕事を共にしたオーストリア生まれのアメリカの監督ジョセフ・フォン・スタンバーグによる彼女のポートレート写真が飾られています。1930年代スタイルの豪華な階下のBar du Lancasterから戻ってくつろぐのに最適な場所です。

ホテル ランカスターのジャズライブについて詳細は、ホテルご予約時にコンシェルジュにお問い合わせください。

close
格別の旅へ - ご旅行先はどちらですか ?

チェックイン日を選択

ご出発日を選択

検索する
  • お部屋:

閉じる