アルゼンチンの旅行・ホテル

Leading Hotels of the World Argentina Map

ブエノスアイレス、バリローチェ、メンドーサの10日間の旅: 旅行コース・ホテル

世界第8位の領土面積の国、アルゼンチンは三日月形のパタゴニア地域から雲へとそびえ立つアンデス山脈まで、多様な地形から成り立ちます。ほとんどの旅行者は、素晴らしいホテルやレストランが並び、美しい街並みを誇る賑やかなブエノスアイレスから旅を出発します。そして、バリローチェやメンドーサなど、大自然の冒険へと繰り出します。アルゼンチンのリーディングホテル加盟ホテルも合わせてご紹介します。

この「素晴らしい旅」の予約、またご予定に合わせた旅行コースのご提案などのお問い合わせは:
(0120)086-230、03-5551-0101(携帯)、tokyo@lhw-offices.comまでご連絡下さい。
ホテルの空室状況によりご利用いただけない場合があります。また、ホテルによりご利用条件が異なります。

1~4日目:ブエノスアイレス

広大な平地が広がる内陸部とは異なり、首都ブエノスアイレスは多彩な要素が混在するモザイク都市です。ブエノスアイレス観光の1日目は、カラフルなラボカ、ノスタルジックなサンテルモ(日曜日に開催される蚤の市では、美しい石畳の広場に骨董品や土産物が並びます)、サンティアゴ・カラトラヴァの女性の橋が象徴する目新しいプエルトマデロウォーターフロント地区など、それぞれの特徴を持つエリアをドライブしましょう。

洗練されたレコレタとトレンディなパレルモは、ぜひ徒歩で探訪したいスポットです。レコレタ墓地を訪れた後、リベルタドール通りとフィゲロア・アルコルタ通りまでの長い散策をお楽しみください。途中、建築家エドゥアルド・カタラーノにより2002年に寄贈されたモニュメント、フロラリス へネリカにも立ち寄ってみましょう。(大きなスチール製の花びらは毎日夜明けに開き、日没とともに閉じます。) 北東方面へ向けて緑濃いパレルモチコを抜け、ブエノスアイレス屈指の美しい建築が並ぶ地区へ向います。今ではその多くが外国大使館となっていますが、20世紀初頭まではアルゼンチンの有力者たちの暮らす邸宅でした。Doma(ドーマ)はパレルモソーホーの中心にあり、仕立ての美しい各種レザージャケットを扱うショップが並んでいます。また、Humawaca(ウマワカ)の個性的なハンドバッグとブリーフケースは、ギフトに最適です。

ブエノスアイレスでは、いたる所にアイスクリームショップがあり、ステーキと並ぶ名物となっています。アイスクリームショップは、街を巡る長い散策の途中でひと休みするのにぴったり。Volta(ヴォルタ)、Freddo(フレッド)、Persicco(ペルシッコ)などの有名店に立ち寄ってみてはいかがでしょう。目移りするほど豊富なフレーバーの中で、外せない味はもちろん、ドゥルセ デ レチェです。

モダンアートがお好きな方は、MALBA(ブエノスアイレス ラテンアメリカ アート美術館)とアマリア・フォルタバット美術館へ足をお運びください。フォルタバット美術館には、アルゼンチンのセメント王の未亡人、フォルタバット夫人の個人コレクションが収蔵されています。ターナー、クリムト、ロダンなどの作品からアルゼンチンの有名アーティストの作品、そしてアンディ・ウォーホルやアントニオ・ベルニによる家族の肖像画などが並んでいます。

オペラがお好きな方は、名高いコロン劇場へお越しください。この劇場の音響効果は世界トップレベルとして知られます。ファエナ ホテル アンド ユニバースでは、ブエノスアイレスの数あるタンゴショーの中でも最も洗練されたプロフェッショナルなショーとして知られるロッホタンゴを上演しています。すぐに満席となりますので、かなり前にチケットを購入する必要があります。ダンサーの華麗なステップを鑑賞したり、地元のミロンガでレッスンを受けたりした後は、本物のタンゴシューズを履きたくなるのではないでしょうか。レコレタのシューズショップComme Il Faut(コム イル フォー)では、美しいシルエットのタンゴシューズをオーダーメイドできます。

もう少し遠出したい方は、フェリーに乗ってラプラタ川対岸のウルグアイにある歴史地区コロニアル デル サクラメントへお出かけになってはいかがでしょう。あるいは、ブエノスアイレス郊外のエスタンシア(大農園)でポロのレッスン(2,3時間)を受けるのもお勧めです。もちろん、ペストリーを味わいながら楽しくお喋りするのがお好きな方にぴったりのチョイスもあります。長い伝統をもつレコレタのアフタヌーンティーは、夕食の予約が大抵午後10時30分からと遅いブエノスアイレスで特にお奨めしたい午後の過ごし方です。

レストランで供されるステーキは一見みな同じように見えますが、アルゼンチン風のグリル料理、パリージャにはさまざまな特徴があります。Cabaña Las Lilas(カバーニャ ラス リラス)はビジネス用にふさわしいクラシックなレストランで、屋外でのパワーランチ(ブエノスアイレスでは忙しい重役クラスでもゆっくり時間をかけて豪華なランチをとります)に最適です。Miranda(ミランダ)は金曜日の夜にぴったりの活気あふれる雰囲気です。ブエノスアイレスでは、いくつかの移民コミュニティが街の文化に影響を与えていますが、中でもイタリア移民の影響は色濃く、さまざまなカットのステーキを味わいつくした後は、Sottovoce(ソットヴォーチェ)のホームメイドパスタを楽しむこともできます。ディナーの後は、Milión(ミリョン)やThames 878(テムズ878)で趣向を凝らしたカクテルを深夜までお楽しみください。しかし、朝日が昇るのを見ながら家路に着くまで、本当のアルゼンチンを体験したとは言えません。

4〜7日目:バリローチェ

サン カルロス デ バリローチェはブエノスアイレスから飛行機でわずか2時間。都会の喧騒から、鏡のように静かな湖やきらきら光る峰々がうっとりとするような青と緑の景色を織りなすパタゴニア北部まで、あっという間です。穏やかな夏とおとぎの国のように美しい冬が、このアルゼンチンの湖水地方を年間を通してお楽しみいただける山岳のバケーション地へと変身させました。スキーや自然が好きな旅行者と都会に疲れ静けさとやすらぎを求める人々に愛されています。いわゆる必見の観光名所はありませんが、雄大な山並みを眺めながらハイキング、釣り、カヤック、マウンテンバイク、乗馬などたくさんのアクティビティをお楽しみください。

野外でアクティビティを満喫した後は、マッサージでリラックスタイム。リャオ リャオのスパはすばらしいトリートメントで有名です。Cassis(カシス)の綺麗に盛りつけられた料理で1日を締めくくりましょう。この家族経営のレストランでは、美味しいパタゴニア料理と果樹園からの食材を取り入れたメニューを楽しめます。

7〜9日目:メンドーサ

Mendoza

アルゼンチン西部のメンドーサ州は16世紀より、高品質のワインの生産に適した気温域、土壌、高度を備えた、国内有数の豊かなワイン産地となってきました。メンドーサは長年にわたり発展と拡大を続け、今日では世界でも重要な高級ビンテージワインの生産地として知られます。古くから伝わる豊かなワイン作りの伝統が健在で、アンデス山脈の麓に広がる不毛の砂漠を高級ワインを生む「テロワール」に変身させた灌漑システムを築いた先駆者たちの足跡が今に残るメンドーサは、訪れる価値のある場所です。

メンドーサのワインルートの数多くの地域の中でも、ウコバレーは優れたワインの品質で高く評価されています。世界的に有名なワイナリーが世界からの旅行者を温かく迎え、ワイン製造の技術を紹介し、地元の人がシルバーコードと呼ぶ雪を頂いたアンデスの麓の美しい景色の中で、極上の料理を提供しています。このアメリカ大陸の最高峰は、周囲の風景の中でひときわ高くそびえたっています。

2月がワインシーズンの最盛期で、収穫を祝う多彩なフェスティバルが行われますが、この地域の豊かな文化と伝統は一年中いつでも体験することができます。汚されていないアンデスの地形の荒々しい美しさもまた、自然を愛する旅行者を惹きつけています。ここでは、ハイキング、トレッキング、ラフティング、その他のアウトドアアクティビティを楽しむ機会が豊富にあります。

close
格別の旅へ - ご旅行先はどちらですか ?

チェックイン日を選択

ご出発日を選択

検索する
  • お部屋:

閉じる