Uncommon - アムステルダムの非日常

チャーミングな村とダイナミックな世界のメトロポリス。2つの顔を持つ街へようこそ

進歩的なオランダの首都は柔軟に変化し、人の住めない海抜ゼロメートル以下の湿地から海運の重要拠点に変貌を遂げました。最近の再開発への熱意は、リノベーションされた倉庫群に表れており、倉庫が再びフードホールや音楽施設として意外な活躍を見せています。また、労働者階級地区から人気のグルメスポットになったデ ペイプや、工業中心地から地域有数の先鋭的なデザインのメッカとなったノールト(北地区)など、市内各所が刷新されていることからも見て取れます。

地域の要である象徴的な3つの美術館も、変化に逆らったり、影響を受けなくなったりはしません。傑出したオランダの巨匠たちの作品を収蔵するアムステルダム国立美術館は、10年の歳月をかけて改装され生まれ変わりました。アムステルダム市立美術館は最近の拡張工事により活気を取り戻し、ゴッホ美術館はエントランスホールを一新しました。

徒歩、自転車、サルーンボートなど、この大都市を巡る手段はいくつもあります。船でブランチを楽しみながら魅力的な運河ベルト沿いを巡り、石畳の小道のヴィンテージショップに立ち寄ったり、近くの海辺の町ザンドヴォールトをサイクリングしてみると、アムステルダムとその周辺が、一見両立不可能な都会のバランスを見事に表していることがわかります。それはつまり、チャーミングな村とダイナミックな世界都市という2面性です。

アムステルダムのストーリー

コンサバトリアム ホテル

20世紀末前後の音楽学校の学舎が、イタリアの建築家ピエロ・リッソーニにより生まれ変わり、周囲のミュージアム地区に洗練された佇まいを見せています

詳細を読む
コンサバトリアム ホテル
ホテル オークラ アムステルダム

オランダの首都の自由な雰囲気が漂う一角にそびえる、23階建てのホテル オークラ アムステルダムは、洗練された和のアクセントが国際色豊かな輝きを添えるホテルです

詳細を読む
ホテル オークラ アムステルダム
アムステルダムの水辺のダイニング体験なら、これがおすすめです

かつて華麗なるハイネケン一族の邸宅として使われていた、ホテル デ リューロープに滞在して、首都のアムステル川のほとりで極上のひとときをお過ごしください

詳細を読む
アムステルダムの水辺のダイニング体験なら、これがおすすめです
アムステルダムで必ず体験したいこと

ホテル デ リューロープへご宿泊のお客様にご参加いただける、世界最大のフラワーオークションを体験できるツアーで、この国の主要輸出産業の内側をお楽しみください。

詳細を読む
アムステルダムで必ず体験したいこと
アムステルダムでしたい5つのこと

ホテル オークラ アムステルダムの情報通が、地元の料理、文化、自然などを体験できるお気に入りの場所をご紹介

詳細を読む
アムステルダムでしたい5つのこと
知る人ぞ知るアムステルダムの魅力を満喫

コンサバトリアム ホテルの情報通のホストマネージャーが、アムステルダムを楽しむための5つのヒントをご紹介

詳細を読む
知る人ぞ知るアムステルダムの魅力を満喫
もっと見る

旅のおすすめ

オランダの海辺事情

オランダのビーチ文化を体験

詳細を読む
オランダの海辺事情
フード、ドリンク、そして映画

職人技が光るフードとインディーズ映画を楽しむ

詳細を読む
フード、ドリンク、そして映画
アムステルダムからの日帰り旅行

中世の町を訪ねて。チューリップガーデンズなど

詳細を読む
アムステルダムからの日帰り旅行
アムステルダムでのお食事

地方の伝統料理をアレンジしたオランダ料理をご堪能ください

詳細を読む
アムステルダムでのお食事
デザートは別腹

オランダのデザートの真髄をご賞味あれ

詳細を読む
デザートは別腹
健康を後回しにしないこと

爽快なトレーニングで一日をスタート

詳細を読む
健康を後回しにしないこと
秘かな名所

かつて人目を忍んで作られた神聖な場所の内側へ

詳細を読む
秘かな名所
ショッピングの旅

オランダ最古の宝石店を訪ねて

詳細を読む
ショッピングの旅
夜のおすすめスポット

アムステルダムで生演奏を楽しめる場所

詳細を読む
夜のおすすめスポット
アムステルダムの花

地元のフラワーショップにふらりと立ち寄る

詳細を読む
アムステルダムの花
もっと見る

アムステルダム のホテル

{{hotel.name}}

{{hotel.location}}
ホテルの詳しいページを見る
+ -
close
格別の旅へ - ご旅行先はどちらですか ?

チェックイン日を選択

ご出発日を選択

検索する
  • お部屋:

閉じる